読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

けいるのブログ

「ただの日記」の左斜め上を目指す雑記男子のブログ。

Jリーグの6つの問題点と輸出への道

雑記

Jリーグのロゴマーク
Jリーグは昨年過去最高の来場者数を記録しました。

 
 
今後も来場者数は伸びていくかもしれません。
 
 
しかし、さらなる発展のためにもJリーグの輸出は考えるべきだと思います。
 
 
 
 
 
 
 

Jリーグの輸出とは?

 
ズバリ、東南アジアへの放映権の輸出です。
 
 
 
すでにに、日本サッカー連盟は東南アジア諸国と協定を結び、友好関係を築いてきました。
 
 
実際に現地ではJリーグを流しているようです。
 
 
 
 
しかし、現状はプレミアリーグなどの欧州リーグに人気が集まっていす。
 
 
これは東南アジアだけでなく、日本国内でも同様です。
 
 
 
なにがいけないのでしょうか。
 
 
 

 Jリーグの問題点

 
 
簡単に上げていきます。
 
 
  1. スタジアムの臨場感
  2. スタジアムの交通の便
  3. スタグルが充実していない
  4. チケットが高い
  5. 試合以外の接点がない
  6. 新たな楽しみ方
 
 
順番に見ていきます。
 
 
 
 

1つ目、スタジアムの臨場感

 
陸上競技場よりもサッカー専用、またはサッカー・ラグビー専用のスタジアムの方がよりピッチに近く、迫力が増します。
 
 
しかし、いまだ多くのチームが陸上競技場を使っています。
 
 
陸上競技場だと陸上トラックがある分ピッチから遠くなります。
 
これでは観客席から選手の姿が確認できません。
 
 
 
 

2つ目、スタジアムの交通の便

 
鳥栖のベスアメを始め立地の良いスタジアムもありますが、名古屋の豊田スタジアムなんかは名古屋駅から考えると相当の距離、時間があります。
 
 
だって田舎にドカンとあるんですもん。
見やすいんですけどね。
 
 
試合の前後で時間がかかっていたら誰でもイヤです。
 
 
 
 
 
また、車の渋滞や電車の混雑などもポイントです。
 
駐車場を出るのに20分とか、電車を数本見送るとかだとストレス溜まります。
 
 
 
 
 

3つ目、スタグルが充実していない

 

これもチームによって格差があるんですけれども、、、、
 
 
スタジアムの中に屋台が無いところがあるんですよね。
 
 
そうすると、一回出て、、、とかやらないといけなくなります。
 
 
 
また、昼の試合、夜の試合あるので、ちゃんとした昼ごはん、夜ごはんを食べられる環境は必要だと思います。
 
 
 
 
 
 

4つ目、チケットが高い

 
財政的に厳しい部分もあるでしょうが、1試合2500円とかはさすがにないです。
 
 
 
特に考えていただきたいのか、初めてサッカーを見にくる人のこと。
 
そのような人は当然年パスとかないです。おそらく当日券、良くて前売り券でしょう。
 
 
そのような人のためにも当日券だけでも安くするとかしないと今後観客席が埋まらなくなってくるんじゃないかと思います。
 
 
 

5つ目、試合以外の接点がない

 
何が言いたいのかというと、試合以外で選手を見ないし、スタジアムに行かないよね、ということです。
 
 
 
例えば月一でイベントを開き、ファンとの交流を深めるとか、スタジアム見学ツアーを組むとかしていくことによって、より身近に感じられるのではないでしょうか。
 
 
 
 

6つ目、新たな楽しみ方

例えばすぐ横にショッピングセンターを置くとか、スタジアム周りにバーベキュースペースを作るとかするということです。

 

そうすることで複合的な楽しみが生まれ、より多くのファンを取り込めます。

 

さらに、ネット環境の整備をし、シェアをすることで楽しんでもらえるし、多くの人に周知できます。

 

 

 

今上げたことの中にはすでに対応が始まっているものもあります。

 

例えばいま話題の吹田スタジアムの隣にはららぽーとエキスポシティという複合施設があります。

 

Wi-Fi導入の動きも始まっています。

 

 

 

 

外国人枠の拡大は有効か

 
外国人枠、とくにアジア枠を広げることでアジアの選手が入り、現地で話題になることがあります。
 
 
少し前の話ですがコンサドーレ札幌を例に上げると、ベトナムの英雄と呼ばれたレコンビンを獲得、ベトナムでは連日のように報道されたそうです。
 
 
 
しかし、J1で戦えるのかという疑問はありますし、Jクラブとしてももっと有力な選手を引っ張ってきたいというのが本音ではないかと感じます。

 

そう考えると単純にアジア枠を広げるだけではダメでしょう。

 

 

東南アジア枠にするとか?

 

 
 
 
 
 

まとめ

 
日本のファンのためにも、アジアへの輸出のためにも、今後さらなる努力が必要なことは間違いないでしょう。
 
 
結局はどれだけストレスを減らし、楽しみを増やすかだと思います。
広告を非表示にする