読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

けいるのブログ

「ただの日記」の左斜め上を目指す雑記男子のブログ。

なぜ無料会員登録はリスクの塊でしかないのか

ネット

いろんな企業が例えばメルマガを送るため、資料を送るために無料の会員登録を人に勧めています。

 
 
しかしこの現代、登録の時に使った名前、パスワード、電話番号、住所、メールアドレス、クレジットカードなど、個人情報と呼ばれるものがいつ盗まれるか分かんないです。
 
 
それが「国際的ハッカー集団アノニマス


アノニマスのマーク

か、「隣国の個人ハッカー」か、「裏の情報売買屋」かは分かりません。


そんなのいないかもしれないです。
しかし、現に有名な企業の会員情報が盗まれる事件が多発しているんです。
 
 
ついこの間も、江崎グリコが80000人の会員の情報を流出していました。
ベネッセだってやらかしてるわけです。
 
別にメアドにスパムが飛んでこようが知らない人から詐欺狙いの電話が掛かってこようがが構わない人はいいですよ?
 
 
普通はイヤですよね?
ならば根本にある個人情報を送ることをやめるべきなんじゃないでしょうか。
 
 
もちろん会員になることで有益な情報が届いたり特典があったりと、基本はいいことばかりです。
 
 
それにどこでどのように自分の情報が売買されていても分かりません。
 
 
ですが、どこかの誰かさんが、○○市の□丁目の△番地には✕✕さんがいて、会社は〜〜株式会社、子供は何歳で、、、、、
ってわかったら気持ち悪いですよね?
 
 
自分の口座から不正送金されていたらアウトでしょ?自分のツイッターとかフェイスブックとかが乗っ取られたら困るやん?
 
 
 
 
 
 
 
 
結局は意識できるかだと思うので、対策もクソも無い気がするんですが、、、、
 
 
まずそのサイトが安全かどうかが大切です。
例えばhttpとhttps
 
 
ログインとか登録とかする時にはhttpsになっていなければヤバいです。暗号化されてないってことです。
 
 
あとは企業として大丈夫か?とか、レビューとか見ながら考えておいたほうが身を守ることにつながると思います。
 
 
 
 
 
少しでも意識を高めていければと思います。
 
 
 
では!
 
 
 
広告を非表示にする